PLAYER ON-LINE HOMEギター総研 > 木材の種類
木材の種類

HAWAIIAN KOA  ハワイアン・コア

重さ(比重):中  強度(剛性):中   マメ科
 原産地はハワイ諸島。ウクレレやギターのボディ、ネック材として用いられることが多い。マホガニーに通ずる豊かな中音域が特徴。通常、コアとだけ表記される場合は、ハワイアン・コアを指すことが多い。近年、特に注目されている材のひとつ。

top

PADAUK  パドゥーク

重さ(比重):重   強度(剛性):硬   マメ科
 カリンの一種。西アフリカ、アルダマン諸島、ビルマ、インドなどを原産地とする広葉樹。豊かな中/低音域を持つことが大きな特徴で、ギター/ベースのボディやネックに使用される。高音域特性に優れている。
参照:カリン

top

BASSWOOD  バスウッド

重さ(比重):軽   強度(剛性):軟   シナノキ科
 原産地は北アメリカ中央部〜東部、カナダ、ヨーロッパなど。ギター/ベースのボディ材として使用されることが多く、バランスが良くフラットな音域特性を持つ。非常に軽く柔らかい材質で、加工性にも優れている。

top

BURL MAHOGANY  バール・マホガニー

重さ(比重):中   強度(剛性):軟   センダン科
 美しい杢目を持つマホガニー。ギター/ベースのボディに使用されることが多い。中音域特性に優れている。
参照:アフリカン・マホガニーホンジュラス・マホガニー

top

PAU FERRO  パーフェロー

重さ(比重):中   強度(剛性):中   マメ科
 原産地はブラジル南東部。主に高級ギター/ベースの指板や、ラミネイト・ネック、アコースティック・ギターのブリッジやサイド/バック材として使用される。エボニーとローズウッドの中間的な高音域特性を持つ。

top

HARD MAPLE  ハード・メイプル

重さ(比重):重   強度(剛性):硬   カエデ科
 別名ハード・ロック・メイプル(HARD ROCK MAPLE)。主な原産地はアメリカ東部、カナダなど。ギターのネック材やボディのトップ材としてポピュラー。材質は堅く、重めなのが特徴。高音域特性に優れ、サステインが良い。ドラムのシェルなどでもお馴染みの材で、その強度、耐久性から床材やボーリングのレーン、ピンなどにも使用されている。カナダの国旗はハード・メイプルの葉をモチーフにデザインしたもの。
参照:ソフト・メイプルキルテッド・メイプルスポルテッド・メイプルバーズアイ・メイプル

top

BIRDSEYE MAPLE  バーズアイ・メイプル

重さ(比重):重   強度(剛性):硬   カエデ科
 主な原産地はカナダ〜アメリカ東部。文字通り鳥の目のような杢が浮き出たハード・メイプル。非常に希少で高価な材として知られ、ハイエンド・ギターのネック/指板に使用されることが多い。高音域特性に優れている。
参照:ハード・メイプル

top

BURL MAHOGANY  バール・マホガニー

重さ(比重):中   強度(剛性):軟   センダン科
 美しい杢目を持つマホガニー。ギター/ベースのボディに使用されることが多い。中音域特性に優れている。
参照:アフリカン・マホガニーホンジュラス・マホガニー

top

BIRDSEYE MAPLE  バーズアイ・メイプル

重さ(比重):重   強度(剛性):硬   カエデ科
 主な原産地はカナダ〜アメリカ東部。文字通り鳥の目のような杢が浮き出たハード・メイプル。非常に希少で高価な材として知られ、ハイエンド・ギターのネック/指板に使用されることが多い。高音域特性に優れている。
参照:ハード・メイプル

top

BASSWOOD  バスウッド

重さ(比重):軽   強度(剛性):軟   シナノキ科
 原産地は北アメリカ中央部〜東部、カナダ、ヨーロッパなど。ギター/ベースのボディ材として使用されることが多く、バランスが良くフラットな音域特性を持つ。非常に軽く柔らかい材質で、加工性にも優れている。

top

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。