PLAYER ON-LINE HOMEギター総研 > 木材の種類
木材の種類

ALDER  アルダー

重さ(比重):中   強度(剛性):中   カバノキ科
 日本のハンノキ類と同類で、主な原産地は北アメリカ、カナダの西海岸沿岸など。低〜高音域までクセの無い音響特性を持ち、アッシュ等と並びエレクトリック・ギター/ベースのボディ材として使用されることが多い。加工しやすい材として知られ、塗装も容易。
関連記事:楽器選びの部屋(エレクトリック・ギター編〜ネック関連の要素)

top

AFRICAN MAHOGANY  アフリカン・マホガニー

重さ(比重):中〜軽   強度(剛性):軟   センダン科
 別名はカヤ。主な原産地はアフリカの西部、中央、東部の多雨林地帯。直径は約1.2〜1.8メートル、55〜60メートルほどの高さに成長することでも知られている広葉樹。主にエレクトリック・ギター/ベースのボディ材、アコースティック・ギターのネック、ボディ材に使用される。音域レンジが広く、音抜けが良いのが特徴。
参照:ホンジュラス・マホガニー

top

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。